インプラントとブリッジの違い

第二の永久歯のようにしっかり噛めるインプラント

インプラントは人工歯根と人工歯を用いて失った歯を補う治療方法です。顎の骨に直接人工歯根を埋め込むことでこれを固定し、人工歯を装着します。天然歯と同じくらい強い力で食べ物を噛むことができます。毎日取り外して除菌をする必要はありませんが、インプラントとはいえ、歯垢の蓄積は好ましくないため、通常通りブラッシングは行う必要があります。

歯周病の始まりは歯垢が歯肉に溜まることで歯周病原細菌の温床となり、歯肉に炎症が起こることでした。インプラントでも歯周病と同じ原理で歯周組織されていきます。これをインプラント周囲炎と言います。天然の歯根膜は細菌への抵抗という役割を担っていましたが、インプラントにはそれがありません。そのため、歯周病原細菌に冒されると容易に抜け落ちてしまいます。天然歯と同じように毎日のケアと定期検診が必要です。

連結歯冠と人工歯で歯を補うブリッジ

ブリッジは、人工歯がついた連結歯冠を両隣の歯に橋渡しするようにして装着する補綴治療法です。土台となる歯を削る必要があるため、しっかりとケアをしないと歯が折れるなどし、歯の寿命を縮めてしまうおそれがあります。

前歯は白い歯のブリッジが保険で適用可能です。それより奥の歯は銀歯のブリッジとなります。また、保険適用外のセラミック歯を使ったブリッジもあります。通常、1、2本の欠損歯を治療する際はブリッジが適用可能かどうかを見て、難しい場合に部分入れ歯を適用します。

ブリッジとインプラントの比較


ブリッジ インプラント
審美性 違和感は少なく、自費診療であればさらに自然な仕上がりになる 天然歯のように見える
咬合力 天然歯よりもやや弱い 天然歯に近い
お口への影響 隣の歯を削る必要があるほか、欠損部分の顎の骨が吸収するおそれもある 顎の骨が痩せることはない
治療期間 短期間で済む 比較的長期間かかる
耐用年数 平均すると8年程度 10年が一つの目安
費用 保険適用のものと保険適用外のものがある 保険適用外のため高価

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはお気軽にこちらまで!

  • 03-3893-2519
  • お問い合わせ
  • アクセス

【診療時間】 9:30-13:00 / 14:00-19:00    土曜は17:30まで  日曜・祝日休診

こうへい歯科クリニック

〒116-0012 東京都荒川区東尾久4-29-16

TEL 03-3893-2519

診療時間

【診療時間】 9:30-13:00 / 14:00-19:00 
※土曜は17:30まで
(最終受付はそれぞれ30分前)

【休診日】日曜・祝日

医院紹介・アクセス

無料メール相談